Tango Argentino

 

アルゼンチン・タンゴ  (ヴァルヴェーデ作曲)

Tango Argentino (Valverde)

(マンドリンとギター、1'55"、MP3 : 1.8MB)

  タンゴといえば、大きくは ヨーロッパで発展した コンチネンタル・タンゴと、ブエノスアイレスを中心に発展した アルゼンチン・タンゴに分かれる 2拍子の舞曲ですが、この曲はずばり固有名詞が 「アルゼンチン・タンゴ」 で、アルゼンチン・タンゴとは こういうものかとも思わされます。
 
  曲は イ短調で、中間部で イ長調に転じます。 特に情熱的という感じはありませんが、タンゴの リズム独特の歯切れ良さのある、気取った雰囲気をもった曲です。
 
  タンゴでは 当サイトには、ロドリゲスの 「ラ・クンパルシータ」の マンドリン・アンサンブル版ギター2重奏版、アルベニスの 「タンゴ」、タレルガの 「タンゴ」 などを Upしてありますが、各々曲想はだいぶ異なるものの、やはり雰囲気としてはよく似ていると思います。