Bells of Night

ベルギー: ブリュージュにて
 

夜 の 鐘 (パパレロ作曲)

Bells of Night  (Paparello)

(無伴奏マンドリン・ソロ、3'09"、MP3 : 2.9MB)
(写真は ベルギー: ブリュージュにて)

  「夜の鐘」 という題名以外には考えられないほど "夜の鐘" そのものと その心象を表現している曲です。
 
  ニ短調、ニ長調、そして ニ短調に戻る 3部形式 の曲で、この曲の特に短調の部分などは凄まじさがあり、ひょっとして ゴッホの絵にある 「オーヴェールの教会」 から聞こえる夜の鐘の音などは、こんな音で聞こえてくるのではないかとも思わせます。
 
  鐘の音は ハーモニックス奏法、すなわち弦に軽く指を触れた状態で弾くと オクターヴ高い音が出る奏き方をしますが、その音はここでは ピアノの音を使っています。

  なお、パパレロには 「愛の喜び」 という、マンドリンの甘い音色が特に生きる 無伴奏ソロ曲がありますが、この曲も題名通りの感じを良く表していると思います。