Rain Drops

スイス : グリンデルヴァルト付近にて

雨 だ れ  (リンゼイ作曲)

Rain Drops  (Lindsay)

(ギター・ソロ、2'56"、MP3 : 2.7MB)
(写真は スイス : グリンデルヴァルト付近にて)

  「雨だれ」 の曲名だけからすると、気分が落ち込むような、あるいはそうした気分を慰めるかのような曲が イメージされるかも知れませんが、内容からすると 易しく穏やかに気分を盛り立ててくれる "雨だれ" だと思います。
 
  イ長調、4分の3拍子。 (楽譜では A・A、B・B、A、C・C、D・D、A' の構成ですが、) ゆっくりした曲だけに "くどさ" を避け、ここでは A、B・B、A、C・C、D、A' としました。 A は ピアノ (弱音)レント で、B で フォルテ (強音) となり、中間部の C や D では フォルテ の ピゥ・モッソ (より速度く) となりますが、それらいずれも温かみを失わない、ポジティブな雰囲気が支配しています。 最後にちょっと音型を変えて再現される雨だれにはそこはかとない愛着さえ感じられます。
 
 「雨だれ」 といえば、大抵は先ず ショパンの 「雨だれ」 が思い浮かびますが、そちらは作曲後につけられた、いわば ニック・ネーム。 こちらは そもそもからの "雨だれ" で、冒頭からの装飾音が目に見えるような "雨だれ" らしい効果をもたらしています。