Christmas Song

神奈川県: 川崎ラゾーナの クリスマス・イルミネーション

降 誕 歌  (ペッチーネ作曲)

Christmas Song (Pettine)

(無伴奏マンドリン・ソロ、2'46"、MP3 : 2.5MB)
(写真は 写真は 東京: 年末深夜の銀座通り)

 一口に "クリスマス・ソング" といっても、宗教的なものから 楽しく賑やかなものまで 様々ですが、この曲は マンドリン・ソロ曲らしく、一人で しんみりと大切な日、あるいはその思い出などを慈しむといった雰囲気の曲です。
 
 ニ長調、8分の6拍子。 高音の メロディーは トレモロ で、低音の伴奏は スタッカート で奏きます。 A、B フォルテ、この演奏で 0'39"〜 )、B ピアニシモ、 1'06"〜 )、A ( 1'32"〜 )、C ( 2'09"〜 ) と進行し、全体的には 甘く静かな印象の曲ですが、フォルテ、フォルテッシモの部分もあって、感情の起伏というか、思いの強さが割りと大きな曲です。
 
 なお最近、HTML5画面など、演奏パネルに経過時間が表示されるものが多くなってきているようであるため、この曲でもそうですが、なるべく解説文中に カッコ書きで経過時間を表記し説明するようにしています (2012.12.1.記)。